雲

なおびのチカラ・こだわり

なおび幼稚園の子どもが子ども時代をしっかりと生きられる『場』としてのチカラ・こだわり

園舎のチカラ ~社会性を育む園舎~

園舎は、最小限の仕切りしかないオープンな造りです。
昔の農家のような、大家族が、それぞれの空間を保ちながらお互いが見える暮らしの中で生活して、協力する、互いを尊重する、場を読む、社会性が育ちやすい園舎環境になっています。

チーム保育のチカラ ~さまざまな大人との出会い~

クラス担任だけでなく、他のクラスの先生、フリーの先生、事務の人、スクールバスの運転手・・・オープン園舎での生活は、さまざまな人とのかかわりがあります。
核家族が多くなった現代、年齢や考え方が違う大人たちといることで、いろいろな考えがあること、どの大人に聞いても“それは、いいことではないね。”と普遍的なこともあること、豊かな出会いがあります。

自然のチカラ ~光・風・木漏れ日・みどり豊かな園庭~

カツラの大木が木陰をつくり、その下で泥んこあそびを楽しむ子どもたち。
ケヤキ、モミジ、シイの木、クリの木、ヤマブキ、ヒメリンゴ・・・
子どもたちは、虫探しや花集め、落ち葉拾い・・・・と、木々の中で遊びます。

子どもたちが毎日過ごす幼稚園が、
安心して過ごせる場、楽しくて活気のある場、
ゆっくりとじっくり探求できる場であることを大事にしています。

そして、充実した環境の中で、
子どもひとりひとりの個性を発揮しつつ、子ども同士が共に生活し、あそび、
協働する喜びや共感する体験をたくさんして育ってほしいと思います。

なおびのこだわり

充実した教育を実践するために、いろいろな『こだわり』が、なおび幼稚園にあります。

全園児が一緒に遊ぶ時間

年少さん、年中さん、年長さん、そして、教師たち。
いろいろな人と関わりながら遊びます。異年齢の関係を大事にしている時間です。

しずくの会

全園児がホールに集まり、歌を歌いお話を聴く時間です。
歌うことは、子どもたちの気持ちを能動的にする作用や体のリズムを整えることにもつながります。
お話を『聴く』ことは、耳を澄ませて『聴こうとする力』や『イメージする力』を育てます。

おやつの時間

活動が一段落すると『おやつの時間』があります。
みんなでおやつをいただきながら、さっき遊んだ楽しいことを話したり、
これから何をするか相談したり、活発に動いた後にゆったりとする時間があることで、
そのあとの時間も充実します。

  • イラスト
MAP
メールはこちら

pagetop